プリンターインクの購入先は

安くて高品質な互換プリンターインクの選び方

こんな業者の互換プリンターインクなら安心して使える

自社製品に拘りを持つ業者から購入しよう

epsonが販売する純正インクなら、基本的にどの販売店で買っても品質に差はありません。ところが互換品のプリンターインクはどのお店で買っても同じ品質ということはなく、充填されているインクは各製造事業者や工場によって千差万別です。なので品質が低い商品もある筈ですし、反対に純正品に迫る勢いの優良商品もある訳です。そこで、epsonの互換カートリッジを購入する際は、ポリシーを持って商品を製造している互換事業者を選ぶことが欠かせません。その製造事業者なら、カートリッジに詰めるインクの選定にも余念がありませんから、良質な製品に仕上げている場合が多いのです。しかも経年劣化に対する長期的な保存テストや、純正品と混ざった時の化学反応を極力抑えるなど、多彩な観点から商品開発に取り組まれています。

純正並みの印刷結果でも低価格を実現

インクに拘りを持っている互換品の製造業者は、印刷結果にも注力している傾向があり、純正品の発色を目指しています。カートリッジに互換性があっても、印刷結果で隔たりがあれば真の意味で互換品とは言えないことから、各業者は色合いの再現に力を入れている訳です。実際、純正品と比較しても9割を越える類似性を持つ互換品もあるので、購入先をしっかり選べば、ほぼepson純正の発色に近い互換カートリッジが手に入ります。もちろん、高品質でも値段が純正品並みに高ければその存在意義が薄れるため、互換製品の製造事業者はその点も心得ているので安心です。低価格なのにハイクオリティーというのも互換カートリッジの大きな魅力ですから、保証関連も含めて、購入先はしっかり選ぶことを強くおすすめします。

互換品を買う時は相性の良いサプライもチェックしよう

epsonのプリンターで使用可能な互換カートリッジを販売している通販サイトでは、インクやトナーのほか、用紙類も取り揃えている場合が珍しくありません。コピー用紙をはじめ、写真用紙や各種ラベル向けの特殊用紙など、幅広く販売していたりします。それらのサプライ商品は自社製品の互換インクと相性が良い場合も多いため、インクカートリッジと一緒に注文して、最高の印刷環境を手に入れるのも良いと思います。また、プリンターインクには特性が異なる顔料と染料といった2通りがあり、プリンターごとで使用する種類が決まっています。そのため互換品を買う時も、できるだけそれに合わせておくと良いでしょう。主に顔料は文字などのテキスト印刷に適しており、染料は写真などの微細な色の再現に適しています。

人気記事ランキング